オンラインカジノの運営体制について

slosd83

オンラインカジノの運営体制について知っておくのもいいと思います。オンラインカジノはまずオンラインカジノを運営する会社があります。運営会社がいわゆるオンラインカジノなわけですが、他にも関係している会社としてソフトウェア開発会社と、決済会社があります。ソフトウェア開発会社が提供するソフトはプレイヤーの遊びやすさに直結しますし、決済会社は実際にお金を扱いますのでとても大切です。


■オンラインカジノは合法的に運営されてるの?
オンラインカジノが合法な国であっても、きちんと運営認可証(ライセンス)をきちんと取得しなければオンラインカジノを運営することができません。ライセンスを取得するためにはきちんと審査が行われ、問題があると判断された場合は当然ライセンスが発行されないためオンラインカジノの運営ができません。

認可されるためにはライセンス料を払った上で時間を掛けた審査を受ける必要がありますので、ライセンスがあるかを確認することが安心できるオンラインカジノかの判断基準になります。


■オンラインカジノのライセンスについて
オンラインカジノの運営認可証(ライセンス)いったいどこが発行するのでしょうか?世界中にオンラインカジノのライセンスを発行している国がありますが、主なところを上げると、ジブラルタル(イギリスの海外領土)やマルタ共和国(英連邦加盟国)やマン島(イギリス王室領)、あるいはカナダのカナワキ領土があります。

ライセンスがあればオンラインカジノは運営できるわけですが、それだけではなくきちんと監査を受けなければいけません。監査を担当している会社としてはeCOGRA(eCommerce and Online Gmaing Regulation and Assurance)やTST(Techinial Systems Testing)が有名となっています。

このようにオンラインカジノが安心して利用できるように、ライセンスや監査の仕組みが存在しています。オンラインカジノを選ぶ場合には、きちんとライセンスを取得しているのか、どこの会社の監査を受けているのかをチェックするとよいでしょう。

■eCOGRA(イーコグラ)について

かつてはオンラインカジノを監査する会社というのは存在していなかったのです。そのため、問題のあるオンラインカジノがあってもプレイヤーはどうすることもできませんでした。そこで2003年に設立されたのがeCOGRA(eCommerce and Online Gmaing Regulation and Assurance)という組織です。

オンラインカジノはこのeCOGRAの監査を受けることによって、プレイヤーに安心してもらうことができるようになりました。もし何か問題が起きた場合にも、eCOGRAが第三者的な立場で助言してくれますので、問題が解決しやすくなります。

法案の改正:

オンラインゲーミングはカジノ系なのに禁止にならないのかと、不安に思ったことはありませんか。これはもっともな疑問で、実際にアメリカでは一部の州で禁止になっているのです。最近ではそれも見直され、法案の改正で復活しているところもあります。日本ではあくまでもカジノとしてでは無く、オンライン上のゲームとして見られているためか、アメリカのように禁止されることはありません。ですので、プレイするに当たって不安に思うことはないでしょう。