オンラインカジノは法律違反なのか

sdfi983

オンラインカジノ初心者にとって、オンラインカジノが法律に違反しているのか、賭博行為を禁止している日本でプレイしても大丈夫なのかどうかは、一番の不安になるところだと思います。

私自身も、オンラインカジノの存在を知ってから、現行の法律の適否に関して徹底的に調べ上げたつもりです。

まずオンラインカジノそのものについてですが、これはオンラインカジノを運営する会社自体が海外で合法的に運営していますので、そこに関しては全く問題ありません。(当サイトでは、合法的に運営している優良オンラインカジノだけを紹介しています)

次に日本人が日本でプレイしても大丈夫なのか、ということですが、単刀直入に言うと、現在日本では国内でオンラインカジノをプレイすることに対して、それを禁止する法律はありません。詳細は後述しますが、グレーゾーンである、というのが現状です。


「オンラインカジノのプレイに対する、日本の法律の適否について」
オンラインカジノのプレイが現行の法律に違反しているかどうか、その焦点となるのは刑法第185条と第186条です。

日本は、刑法第186条によって賭けを行うこと(賭博開帳)だけでなく、第185条によって賭ける行為自体も禁止されています。しかし日本人が海外に行き、ランドカジノ(リアルカジノ)で賭け事をすることは、違法になりませんよね?その理由は、国外での犯罪を国内の法律に基づいて罰する国外犯処罰規定(刑法3条)に、賭博罪が含まれていないためです。日本国内から離れてしまえば、賭博罪を罰する日本の法律が適用されないため、海外で賭け事をすることが可能なのです。

オンラインカジノの場合、そのオンラインゲーミングのサーバーが国内にあれば、日本の法律が適用されます。賭博を開帳することが違法となり、当然そのサイトでプレイすれば違法となります。

しかし、サーバーが海外にあり、そのオンラインゲーミング会社が合法的にオンラインカジノを運営しているとなれば、日本でのプレイを賭博罪として適用することは、ほぼできません。

また、賭博行為は「必要的共犯」という、賭博を提供する側と賭博をプレイする側のセットの犯罪とされており、一方が合法的であると、それを賭博罪として摘発するのがさらに困難とされています。

以上から、現在の日本の法律でオンラインカジノのプレイを取り締まることは非常に難しいのです。しかし合法とも認められていないので、結果グレーゾーンと言わざるを得ないわけです。実際、オンラインカジノをして摘発されたケースは、一度もありません。ですので、これからオンラインカジノを始める人も安心してください。むしろ、このような法律上の曖昧な環境から急な状況変化が起こると理解した上で、プレイすることが大切だと思います。


「日本で、オンラインカジノのプレイに関する法律はできるのか」
先ほども述べましたが、現在は国内でオンラインカジノをプレイすることに対する明確な法律がありません。しかし、これから数年後のあいだに、法律ができている可能性があります。将来、日本にカジノができる、あるいは何かしらの理由でオンラインカジノが爆発的に日本国内に広がっていけば、政府もいよいよ法律を作らないといけないと考えるでしょう。

では、私たちプレイヤーは、そのときどうすれば良いのでしょうか。取るべき行動は、実はシンプルです。もし法律ができた結果、オンラインカジノに規制がかかれば素直にやめればいいし、規制がかからなければ今まで通りに遊べばいい、その判断だけです。当サイトでも、皆さまがオンラインカジノを楽しく、気兼ねなくプレイできるように、そのような情報はしっかりと発信していくよう心がけています。

法案の改正:

オンラインゲーミングはカジノ系なのに禁止にならないのかと、不安に思ったことはありませんか。これはもっともな疑問で、実際にアメリカでは一部の州で禁止になっているのです。最近ではそれも見直され、法案の改正で復活しているところもあります。日本ではあくまでもカジノとしてでは無く、オンライン上のゲームとして見られているためか、アメリカのように禁止されることはありません。ですので、プレイするに当たって不安に思うことはないでしょう。