FXで生活をするということ

sdlsdkf3

FXは初心者にも始めやすい投資取引として知られていますが、これだけで生計を立てている、という人はほんの僅かだと思います。が、こうした考えは、FX取引を行っているほとんどの人が、一度は頭に思い描いたことがあるのではないでしょうか。

日頃の生活にちょっとした潤いをと思ってFXを始めた人もいるでしょうし、資産を運用して将来に備えるためにと取引口座を作った人もいると思います。
そして、おそらくそうした人たちには、別に本業があり、FXは副業としていることが大多数であり、最初からFX取引だけで生活をしていこう、と考えて投資取引を始めた人は、極めて少ないと思います。

それは、FXというもの、投資取引というものに対して不安があったからだと思います。そして、その不安は、紛れもなく正解なのです。

FX取引だけで生活を立てていくということは、とても大変なことです。副業のFX取引で、ちらりと調子がよかったときに思い描いた、悠々自適で何不自由のない、時間的にも金銭的にも潤沢なFX専業トレーダーのイメージは、間違いなくあり得ないものと考えていいでしょう。

実際にFX専業トレーダーで生計を立てている人たちはいます。徹底した自己管理と緻密なタイムスケジュールによって日々を構成し、投資取引を行っている間はもちろんですが、取引きを行っていない間でも、常に為替相場のことを考え、各国の経済状況や政治動向をチェックしており、必要であれば24時間開いている外国為替市場の動向に合わせ、寝る間もなくFXに没頭をしなくてはならないのです。

もちろん、FX取引に100%の勝利がないことは、実際に取引をやったことがある人であれば誰でもわかると思います。
これだけのことをしていても、月ベースでの収益で、マイナスになることも珍しくはないのです。

例えば一般的なビジネスマンであれば、朝に起きて仕事をし、夜は家に帰ってきて寝る。週に5日働いて2日休み、それを四巡回して約一ヶ月過ごせば、その月の生活を立てて、かつ少々のお小遣いを手にすることもできるでしょう。

FX専業トレーダーで月の収益がマイナスになった場合は、そのマイナスを取り戻さなくてはならないことはもちろん、そこの一ヶ月分の生活費も含めて利益を上げなくてはならず、これが如何程のプレッシャーであるかは、想像に難くないと思います。


副業トレーダーであれば、生活は安定しています。勝てる分だけ利益を得ておけばそれで済みます。
専業トレーダーは違います。自らの生活のために、勝ち続けることを利益を上げ続けることを強いられるのです。

FXの収益のみで生活するということは、つまりこういうことを毎日のように続けていくことになり、FX専業トレーダー達は、こうした厳しい状況の中での取引きを、強い精神力と、冷静な判断力と、確固とした決断力とで、今この瞬間も続けているのです。

大きな利益よりも確実な利益を狙い、損失を最小限に抑えて取引きを繰り返して行い、安定的な収益を得ることが重要になる取引スタイルになると思われますので、例えば為替レートの変動に一喜一憂するような投資は望めず、淡々と作業としての取引き行っていくことで、地道に生計を立てていくことになるでしょうし、またそうした事を続けていける精神的なタフネスさも問われることとなります。

もし、FX専業トレーダーを夢見ている、目指しているという人がいたら、そうした地道な努力が身を結ぶ世界であり、副業で稼いでいる派手やかで気楽なものとは正反対の世界である、ということを覚えておく必要があるでしょう。
そうして、そういう世界でも確実に利益を上げられるようにするべく、FX取引の鍛錬を積み重ねていくべきです。

法案の改正:

オンラインゲーミングはカジノ系なのに禁止にならないのかと、不安に思ったことはありませんか。これはもっともな疑問で、実際にアメリカでは一部の州で禁止になっているのです。最近ではそれも見直され、法案の改正で復活しているところもあります。日本ではあくまでもカジノとしてでは無く、オンライン上のゲームとして見られているためか、アメリカのように禁止されることはありません。ですので、プレイするに当たって不安に思うことはないでしょう。