海外のFX取扱業者

sdlsdkf3

FXを取り扱う業者は国内だけではなく、海外にも存在しています。海外のFX業者は日本の顧客の獲得に大変熱心であり、また国内のFXにはないサービスを展開していたりなどし、魅力的な取引業者なのです。

数年前までは、海外の業者というと言葉の壁や、入出金の問題、信用度の問題などで日本の顧客の足はどうしても遠のいていましたが、現在ではおよそどの業者も日本語での取引が可能になっており、入出金の問題もクレジットカードやディビットカード、ネットバンキングなど提携が進んで安定性が増しましたし、信用の問題も、業者によっては日本の法的基準をはるかに優る安全体制を取っている取引業者も登場しています。
また、海外の資本ではあるものの、本社や拠点を日本にしている業者もあり、安心して取引きが行える体制が整ってきています。

海外のFX取引きの利点は、日本国内では規制がかかって25倍が最大となっている「レバレッジ」の規制がなく、数百倍以上の大きなものが使える事などがあげられますが、その中に証拠金を預けておくだけで金利が付く、というものがあります。

実は海外の取引業者では、取引口座に入金している証拠金に金利がつくのです。
もちろん日本の取引業者では金利は付きませんし、FXで金利と言えば、通貨を保持している際に発生する金利差である「スワップポイント」ぐらいしか考えられません。


しかし、海外のFX取引業者では、預けている証拠金に対して、通貨を保持している以内に関わらず、外貨で預けた証拠金や使われていない証拠金に対しても、証拠金金利というものが付くのです。
また多くの場合、海外預金の口座よりもFX業者の取引口座の金利の方が高く、超低金利で定期預金でもほとんど金利が付かない日本の口座とは雲泥の差となっています。

詳しくは、それぞれの海外FXの取引業者のウェブページなどで確認をすることをお勧めしますが、もし、まとまった貯金があり、日本国内の銀行に寝かせているような状態になっているのだとしたら、海外のFX業者に口座を作り、そこに証拠金として預け入れてしまうという方法もあり、これをじっくりとおいておくだけで充分な資産運用となりえるのです。

もちろん、その預けた資金を元に、高いレバレッジのFX取引を行うこともできますので、安定的な資産運用と、積極的な資産運用を兼ね備えた、攻守にわたる投資が行えるものが海外FXであると考えて頂いて差支えないと思います。

法案の改正:

オンラインゲーミングはカジノ系なのに禁止にならないのかと、不安に思ったことはありませんか。これはもっともな疑問で、実際にアメリカでは一部の州で禁止になっているのです。最近ではそれも見直され、法案の改正で復活しているところもあります。日本ではあくまでもカジノとしてでは無く、オンライン上のゲームとして見られているためか、アメリカのように禁止されることはありません。ですので、プレイするに当たって不安に思うことはないでしょう。