勝つために!覚えておきたいチップのベット方法

sdlsdkf3

「オンラインカジノでたくさんプレイをしても、なかなか勝てないんです…」そんな悩みを打ち明ける方に多いのが、「ベット方法(賭け方)」に問題があるという点です。

もちろん、チップの置き方には決まったルールがあるわけでは無いですし、各自が好みの方法でチップを置いて構いません。しかし「勝とう」と思うのであれば、いわゆる「常勝手段」を覚えておいて損は無いでしょう。

Zipang Casinoで特に人気のカジノゲーム「バカラ」の場合、よく使われるベット方法としては「31システム」や「マーチンゲール法」が挙げられます。

「31システム」とは、31ドルの資金を「1ドル」×3、「2ドル」×2、「4ドル」×2、「8ドル」×2の全9回に分け、1ドルから順にベットしていく方法です。

9回の全てに負けても31ドルの損失で済み、2連勝すれば確実にプラスを出せるという堅実なスタイルが特徴となっています。

これに対し、「マーチンゲール法」は、予測が当たるまでの間ベットするチップの学を倍に釣り上げていくというシンプルな計算方法です。最初に10ドルを賭けて外れれば20ドル、また外れれば40ドル…とチップを釣り上げていきます。

計算方法がラクなのでビギナーにも好まれますし、強気なスタイルの熟練者からも好まれるベット方法のひとつですが、ここでちょっとした「考え方の違い」がビギナーと熟練者にはあります。

それが「ゲーム全てに賭けるか否か」という点です。

ビギナーの場合、ゲームが全10回であった時には、その全てにベットをしてしまいがちです。そのためベット金額はどんどん倍に釣り上がり、勝ち金を得られそうなゲームになることには軍資金が無くなってしまう…というケースも少なくありません。

ここでもう一度思い出していただきたいのが、「バカラ」では全ゲームにチップを賭ける必要は無いということです。「まだゲーム展開がわからない」「今は調子が悪い」という時にはLOOK(見学)を選択し、様子見をすることができます。

ですから例えば上記のマーチンゲール法の場合であれば、以下のような賭け方も可能です。

・バンカー、プレイヤーのいずれかが3連勝をするまで待ち、その次ゲームで逆側にベットする。
・スコアシートを確認し、「ここは固い」と思える場所でチップを投入する。

このような「勝てそうな時」を選んでチップを投入すれば、ムダにチップの倍率が引き上がることもありません。損失を最大限に抑え、うまく勝ち金を得られることになります。

必ずしも10回のうちに良いチャンスが巡ってくるとは限りません。1回だけ賭けるという場合もあるでしょうし、もしくは0回という可能性もあるでしょう。

しかしこの「勝てる時を待つ」「勝てると思った時に確実にかけて行く」というスタイルが最終的な大勝ちを生み出すのです。特にビギナーの場合、負けが込むほど焦りが来て無茶な賭け方を始めてしまいがちです。「負けている」と感じた時こそガマンのしどき。グッとこらえてタイミングを狙い、勝てる時には強気にベットしていきましょう。

「全てのゲームにベットしない」「勝てるタイミングを狙う」基本的な技術ではありますが、これを意識するだけでもオンラインカジノの勝率は大きく変わってくるはずです。

法案の改正:

オンラインゲーミングはカジノ系なのに禁止にならないのかと、不安に思ったことはありませんか。これはもっともな疑問で、実際にアメリカでは一部の州で禁止になっているのです。最近ではそれも見直され、法案の改正で復活しているところもあります。日本ではあくまでもカジノとしてでは無く、オンライン上のゲームとして見られているためか、アメリカのように禁止されることはありません。ですので、プレイするに当たって不安に思うことはないでしょう。